追記:天界からの権利徳分を受け取る方法

こちらでは『真言108万回シリーズ』に関して、新しい事柄をメッセージとして受け取ったので、お話ししたいと思います。
(少し長く、マニアックな話になりますので、興味のある方だけ、お時間のある時にご覧ください。)

天界からの権利徳分を受け取る方法

年の瀬が迫る2021年12月27日、いつものように真言を唱えていた時のこと。
(※「いつものように」というのは、当時は<密教の最高神>である
【大日如来(だいにちにょらい)】の真言を唱えておりました。
表に出ている『真言108万回シリーズ』の中には、大日如来は含まれておりませんが、
その裏では、他にも真言を108万回唱えてほしいと待っている存在が複数います。
そのため、はじめは全く予定していなかったのですが、
虚空蔵求聞持略法の結願後の2021年12月13日から始め、
2022年1月11日の大黒天神法の開始前までに
大日如来の真言を108万回終えるために、かなりのハイペースで唱えておりました。)

2021年12月27日の、ちょうど大日如来の真言が50万回を超えたあたりの時に、
【私が唱えた真言のエネルギーが、実際には、どこに行き、どのように使われているか】が
気になったので、真言を唱えながら、そのエネルギーの行き先をたどっていきました。

当初、『真言108万回シリーズ』は、
『真言』として古来より受け継がれてきた密教の世界の神々の働き・エネルギーを使い、
集合意識の方向性を修正し、変化を加速させ、地球自身のカルマを断ち切っていく計画が
天界においてなされた、
ということを天界の存在たちから言われておりました。

そのため、唱えた真言のエネルギーは、最終的には集合意識に届き、
何らかの形でエネルギーが消費されたり、作用したりして終わるのかな、
と勝手に想像しておりました。

しかし、エネルギーの行き先として到達した場所、そこでの働き、その仕組みは
全く想像したものではありませんでした。。。

≪真言のエネルギーがたどり着いた水車のような装置≫

まず、真言のエネルギーの行き先は、集合意識ではなく、天界でした。
これについては、天界から依頼されたものなので、不思議ではないかな、と思いましたが、
しかし、エネルギーが最終的に着いたのは、【水車のような装置】だったのです。。。

水車は、水を車輪の外側の水受けで受けて、回転する動力を得るための装置ですが、
大日如来の真言のエネルギーがたどり着いたのは、
天界にある【水車のような装置】の車輪の外側の【水受けの一つ】でした。

そこは、私が唱えた大日如来の真言のエネルギーが溜まる場所です。
そして、同じような水受けは、その【水車のような装置】に
全部で14個から18個ありました。

(大日如来の水受けが1個、そこにはエネルギーが半分くらい溜まっていました。
そして、隣には虚空蔵菩薩の水受けが1個、そこにはエネルギーがほぼ満たされて溜まっておりました。
私が真言を108万回唱える存在の数がまだ現時点では確定していないので、
最小で14存在、最大で18存在の真言を唱えるために水受けが用意されている、ということでした。)

唱えた真言のエネルギーは、例えば、虚空蔵菩薩の真言であれば、
水車のような装置の、『虚空蔵菩薩の水受け』に入ります。
その中は、虚空蔵菩薩の世界であり、虚空蔵菩薩の管轄下・庇護下であるため、
ワークを受けられて、虚空蔵菩薩との仏縁を結ばれた方も
その世界に属することになります。

そして、虚空蔵菩薩の真言のエネルギーと虚空蔵菩薩の働きによって、
ワークを受けられた方と集合意識に対して、ワークの願意である
『宝庫財庫開放』と『財之蔵開放』がなされていきます。

そして、ここからがこれまでワークを受けられた方と、
これからワークを受ける方に関係する部分になります。

『真言108万回シリーズ』のワークを受けられ、密教の存在との仏縁を結ばれた方は、
その存在の庇護下に入るため、『虚空蔵菩薩の水受け』のように
水車のような装置の『それぞれの存在の水受け』の中の世界に入ることは前述しました。

そして、ワークを受けられた方は、<ご自身でその存在の真言を唱える>ことで、
その水受けに、【自分自身でも真言のエネルギーを溜められる】ようになるということです。

つまり、例えば大黒天のワークである大黒天神法であれば、ワークを受けられる方が真言を唱えると、
ワーク期間中、あるいはワークを終えられた後もずっと、【大黒天の真言を唱えるごと】に
『大黒天の水受け』に【回数に応じた真言のエネルギーが溜まる】のです。

そして、この水車のような装置は、最終的に14個〜18個の水受けに
真言のエネルギーが溜まることによって回転し始めるそう。

すると、その水車のような装置は永久機関となり、
天界のこの場所で永久に回り続けるということなのです。

この水車が回り続けるようになると、その水車を回すために真言のエネルギーを溜めてくれた人に
その貢献に応じて、水車が回り続けている間ずっと(つまり永久に)、
【徳分】という形で天界から恩恵がもたらされるということです!

「印税」や「特許料」のような『権利収入』ならぬ、
天界からの『権利徳分』が永久に入ってきます☆^^

そして、私たちが肉体人生を終えた後は、どうなるのかも聞いたところ、
<家族や子孫にその『権利徳分』は受け継がれる>
ということ。

天界からの恩恵の中では、今まで聞いたことが無いような、恩恵の種類でした。

この【水車のような装置】を回すことで得られる動力を、
最終的に天界がどのように使っていくのか、ということは、
まだ許可が降りていないのか、計画中ではっきり決まっていないのか、
現時点では教えてはもらえませんでした。

ただ、最も驚いたのは、『真言108万回シリーズ』は、密教の世界の神々が主導しているものと思っていたのですが、

  • 密教の神々は真言のエネルギーを司っていて、装置の水受けを神々のエネルギーで満たす役割を果たしている
  • 【水車のような装置】を作った天界のグループが別にある(これは具体的に教えてもらえませんでした)
  • 【水車のような装置】が設置されていたのは、天界の中でも高い階層にある天使の階層であり、
    真言のエネルギーと水車のような装置の管轄、水車が回転した後の仕組みまでを管理監督していたのが天使たちだった、

ということです。
(天界の3つのグループが協力して行う計画というのは、経験上、天界の中でもかなり大きなプロジェクトになります。)

≪この世界における【徳分】の働き≫

≪この世界における【徳分】の働き≫

【徳分】という形で永久に天界から恩恵がもたらされる、ということをお話ししましたが、
徳分がどのように私たちに役立つのか、いまいちよく分からない、という方もいるかと思いますので、
少しこの世界の仕組みについて補足したいと思います。

これは、「・奉獻」日本酒 神社奉納プロジェクトの中で、お話ししたことがあるのですが、
いわゆる【徳を積む行為】によって【徳分】が生まれます。
たとえば、『「・奉獻」日本酒 神社奉納プロジェクト』での奉納は、日本の神々に対して【徳を積む行為】となります。

今回の『真言108万回シリーズ』では、ワークを受けられる方が真言を唱えることは、
天界の3つのグループが行うプロジェクトに対しての貢献となり【徳を積む行為】となります。

そして、この世界には、<原因と結果の法則>があります。
この法則のもとでは、あらゆる結果には、全て原因があるのです。

この世界で起きる事象(結果)は、次のような過程を経て起こります。
まず何らかの【因】があり ⇒ 次に【縁】を経て ⇒ 【運】によって ⇒ 【果】として現象化する。

この【因⇒縁⇒運⇒果】のメカニズムの詳しい説明は、また別の機会にお話ししたいと思いますが、
私たちが望む結果を得たければ、その為の【因】、【縁】、【運】を見えない世界で
つくっていく必要があるのです。

(望む結果を得られない方は、単にこの【因】、【縁】、【運】を
望むようにつくることができていないか、つくっていても順番が違っていたりします。)

先ほど挙げた【徳を積む行為】で生まれる【徳分】というものは、
実は【因】の中の一つに当たります。
(【因】の中には、他にはカルマ関係、先祖関係、前世過去生関係などがあります。)

【因】が無ければ何も生じません。
逆に、良き【因】をたくさん作れば作るほど、良き【果】を多く得る為の足掛かりとなります。

【徳分】=プラスの【因】を永続的に受け取れる、というのは、
それだけで、カルマなどのマイナスの【因】を永続的に打ち消し、
人生の質を向上させ、望む現実である良き【果】をはるかに得やすくなります。

ちなみに、日本における【縁】は、基本的に日本の神々が担っており、
人の縁、仕事の縁、お金との縁、タイミングの縁など、あらゆる【縁を結ぶ】のは、
日本の神々が管轄する領域です。

また、【運】は、法則の領域であり、【縁】を経てきたものを、
どれほどの【果】にするかを決めるプロセスです。

運を扱うものは無数にありますが有名なところだと、
風水、奇門遁甲・方位取り、姓名判断・改名などがありますが、
【運】は、<ある法則にのっとって実行することによって誰でも恩恵を受けることができる>、
というものです。

【運】を強い状態にすれば、【縁】を経たものが、より大きな結果になりますし、
逆に【運】が弱い状態であれば、結果が小規模なものとなります。

つまり、【運】は掛け算みたいなものです。

(【因】⇒【縁】)×【運】=【果】

↑これが<原因と結果の法則>の公式です。


『真言108万回シリーズ』が、単にワークに参加された方が、
真言のエネルギーを受け取って、願意の恩恵を受け取るだけでなく、
天界の3つのグループが関わるかなり大きなプロジェクトであり、
やる気さえあれば主体的に関わることができる、
そして、それに対しての恩恵は、【永続的な徳分の配分】という
私自身も聞いたことが無いくらい破格な恩恵を受け取れる、
というものであったこと。

これが、現時点で天界から明かされた『真言108万回シリーズ』の
人間側の仕組みの一部になります。

こういった天界との共同作業にピンとくる方がどれくらいいるかは分かりませんが、
私自身は天界の存在たちからの要請は、光栄なことであり、
人間として物質世界を豊かに幸せに自分本来の人生を生きながらも、
肉体を持った光の存在としてのこの世界に対してできる貢献として
大切に思っております。

もし、あなたが、今日のお話しで何かしら引っかかるものがありましたら、
いつ、どのようなタイミングでも、どのようなペースでもよいと思いますので、
天界のプロジェクトに関わって頂くとよいかと思います。

私自身も、ワークを受けられる方も、『真言108万回シリーズ』が終わるであろう10年後には
今からは想像できないような地点に立っているのではないかと個人的には思っています。
ご縁がございましたら、この特別なワークに参加して頂くとよいかと思います☆

現在受付しているワーク

開白:令和4年5月16日<己巳の日(弁財天縁日/皆既月食/満月)>   結願:令和4年9月13日<己巳の日(弁財天縁日)>
→ 弁財天 <辯才天法>について詳しくはこちら
【弁財天】
辯才天法
申込

121日間(5/16~9/13)の全期間、
もしくは60日間(5/16~7/14)の
前半期間の申込をしたい場合

【弁財天】
真言108万回
封入カード申込

弁財天の真言108万回と
宇賀神将の真言108万回のエネルギーを封入した
【真言216万回封入カード】

今後予定されているワーク

終了したワーク

開白:令和3年4月10日<修行者誕生日>   結願:令和3年12月4日<皆既日食>
→ 虚空蔵菩薩 <虚空蔵求聞持略法>について詳しくはこちら
【虚空蔵菩薩】
虚空蔵求聞持略法
申込

※虚空蔵求聞持略法は、令和3年12月4日に結願し、終了いたしました。

【虚空蔵菩薩】
真言108万回
封入カード申込

※次回受付はメールマガジンにてご案内いたします。

【虚空蔵菩薩真言】
動画&音声配信申込

※次回受付はメールマガジンにてご案内いたします。

開白:令和4年1月11日<甲子の日(大黒天縁日)>   結願:令和4年5月1日<部分日食>
→ 大黒天 <大黒天神法>について詳しくはこちら
【大黒天】
大黒天神法
申込

※受付は終了いたしました。

【大黒天真言】
動画&音声配信申込

※次回受付はメールマガジンにてご案内いたします。