• TOP
  • > 2013年2月

2013年2月アーカイブ

梅.jpg

こんにちは。

佐藤友美です。


いつもありがとうございます(^-^)。

 

【2013年2月 今月の流れ】になります。

 

 

今月は、先月よりスタートした流れが一段落し

安定したような落ち着きを感じる事ができる時期です。


ただ、その安定感は

すべてが終了し、

肩の荷を下ろしたような安定感ではなく

休憩 のような少しだけほっとするような

そんな時間です。

 

スタートや何かが始まる時期には

気負い 期待 不安など

未知のものに対する想いを抱え

手探りでそれに関わり

慣れようとします。


今月はその新しいものに対する気持ちが落ち着き、 

新しく始まった流れがどんなものなのか

自分はどのように関わっていけばいいのか


その新しいものに対する感触が少し掴めたような

ちょっとした安心感を感じる事ができるでしょう。

 


そして、その落ち着きと同時に

次の行動 というものが見えてきます。


先月は行動や拡がり という流れが始まりましたが

今月はそれに具体性 というものが加わります。

 

つまり、先月は自分に必要な方向性や

新たに必要な分野に対して

それに対する知識をざっくり学んだり

わからないなりにやってみたり

 
あるいは

とりあえず試運転してみる

という時期になっていました。

 

そして、今月から来月にかけては

さらにその世界でどうするか が始まります。


掴んだ感触をもとに

新たな目標や問題点を掲げ

解決の材料を集め始めます。


ここで大切なのは

その解決方法を

『新しいものから見つける』

ということ。


過去から解決するのを一時手放してみましょう。

つまり、

前はこうだった

とか

今までの経験ではこうだ

という

過去の経験やデータに基づく解決方法ではなく


これを解決する新しい何か

を見つける必要があります。

 


具体的には

自分とは他分野の人や  

専門職の人に会って話を聞く

もしくは

解決できそうなものに出会えそうな場所へ行ってみる

などになります。


特に何もないのですが・・・という場合は

普段の自分がしないこと

を意識して行ってみましょう。


エステやマッサージ

普段行かないレストランでのディナー

習い事や遊びなど

なんでもいいのです。

 

これは

自分の持っていない知識やエネルギーを

他者から受け取る事によって


『自分を拡大する』


という今年後半のあなたの成長につながる

大切な流れになります。

 

例えばそれは、

会社の作業効率改善のためにセミナーに参加してみよう 

ということでもいいのです。

 

会社のためであったとしても 

結果的に学ぶのは自分。


その場所に向かう事によって

新たな出会いがあったり

人生のプラスになるような知識が身についたり

新しい自分を見つけるきっかけを手にする事ができたり

何かしら得るものがあると想います。


今までの自分にはないものに触れ、感じる


ということが必要なので

仕方なく行動するのでなければ

きっかけは何でもよく


前向きな気持ちで行動できるかどうか

という事が大切です。

 

今年前半はとにかく

損得を考えず

行動してみる事が大切。

 

過去に頼らず

新しい世界を拡げる事に意識を向けておきましょう。


少しでも必要かも と思ったら

アグレッシブに行動し、とりあえず手にしてみる。


当たりか外れかを見極めるのは

後でも十分できます。


好奇心でも

責任感でも

私利私欲でも(?)


原動力は何でもいいので

『気になるものがあれば出向いてみる』

という行動が

未来の豊かなあなたを創りだす材料になります。

 

今月、あなたのもとにやってくる様々な情報を

しっかり受け取ってくださいね。

 

では、最後までお読みいただきましてありがとうございました~☆

 

 

Peofile
佐藤友美

佐藤友美 Tomomi Sato

サイキックチャネラー
スピリチュアルカウンセラー

日本でも数少ないフルトランスチャネリング(完全な無意識状態でのチャネリング)を得意とするサイキックチャネラー。催眠療法、心理療法、西洋神秘学・心理学・脳科学などを修得し、ヒーリング・チャネリング・瞑想・エネルギーワークなどの実践の中から、佐藤文哉とともに【ブロックの解放ワーク®】を創始。

詳しくはこちら

佐藤 友美 Facebook

カレンダー

<   2013年2月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28